自宅deヨガMAGAZINEオンラインヨガマガジン

  1. 咳や喉の痛みに効くツボ&鼻うがいで花粉症対策 自宅deヨガ認定インストラクターYURI

健康2020.02.23

咳や喉の痛みに効くツボ&鼻うがいで花粉症対策 自宅deヨガ認定インストラクターYURI


空気が乾燥していて喉の炎症や咳き込んだりすることはありませんか?

インフルエンザや肺炎のウィルスによる感染病は主に呼吸器を通じて身体を犯します。
ウイルスや細菌が、喉や鼻の粘膜に付着し、炎症を起こしてしまい、ウィルスを追い出そうと咳や鼻水が出ます。
咳や、のどの痛みは、炎症によるものです。

咳をすることは身体にとって大きな負荷になり、場合によっては気道周囲の炎症や、肋骨の骨折を引き起こすこともあります。
ツボ押しで和らげましょう。

咳や喉の痛みに効くツボ

◆尺沢(しゃくたく)のツボ 

◉場所
肘の内側の折皺の外側のくぼみ。
真ん中に腱がありその外側の柔らかいところ。
反対の親指で痛気持ち良いと感じる強さで15回ほど左右押す。

◆天突(てんとつ)のツボ

◉場所
鎖骨の真ん中のくぼみ。
人差し指で上から下に押し下げるように優しく5回程度押す。

そのほかに喉が乾かないように水分補給を小まめにしたり、予防のために手洗いうがいはしっかりしましょう。



そして花粉症の方は異変を感じる時期でもあります。

スギ・ヒノキ・ブタクサ・イネ・ヨモギなど季節によって様々な花粉でアレルギー症状を発症する方が多くなります。
アレルギーはウィルスではないので感染することはありません。


いくつかの花粉予防対策をご紹介します。

◆簡単にできる予防策
◉マスク・手洗いうがい
マスクは正しく鼻口を覆って隙間がないようにつけましょう。
手洗いも洗い忘れがないよう手首や指の間もしっかり洗います。

◉花粉を払ってから建物に入る
会社や家の玄関に専用のブラシを置いておくと便利です。

◆入念な予防策
◉鼻うがい
鼻や喉の粘膜についている花粉を洗い落とします。

鼻うがいで花粉対策のやり方

市販の鼻うがい用の商品か0.9%の生理食塩水を用意します。人肌の温度がやりやすいです。
1,洗面器にうがい液を準備
2,片鼻を押さえてうがい液を鼻で吸う
3,上を向いて口に流す
4,口から吐き出す

慣れている方は上を向いてコップから鼻にうがい液を入れても良いです。
市販の鼻うがい用のキットを利用するとやりやすいと思います。

片鼻を4〜5回ほど繰り返してみましょう。
花粉にはもちろん、ウィルス対策・蓄膿症などにも効果的です。


自宅deヨガでは以下のレッスンを担当しています。
◉凝り浮腫み解消ヨガ
木曜日18:00〜18:30
◉自律神経を整えるヨガ
金曜日18:00〜18:30

お会いできる日を楽しみにしています。