自宅deヨガMAGAZINEオンラインヨガマガジン

  1. 半蓮華座の前屈のポーズ 自宅deヨガ認定インストラクターYURI

ポーズ2020.04.15

半蓮華座の前屈のポーズ 自宅deヨガ認定インストラクターYURI

コロナ疲れ
コロナ太り
色々な不自由がありますが、気持ちにウィルス感染はありません。
穏やかにフラットに戻しましょう。

私の好きなアーサナをご紹介します。

半蓮華座の前屈のポーズ
アルダ バッダ パドモッターナーサナ 

やり方
①山のポーズ

心を調えるタダアーサナ(山のポーズ) 自宅deヨガ認定インストラクターYURI

ポーズ

心を調えるタダアーサナ(山のポーズ) 自宅deヨガ認定インストラクターYURI

相変わらず、ウィルスによる窮屈感のある日々ですね。そんな時は、どこでもできる心を調えるとても良いポーズを行ってみましょう。タダアーサナ(山のポーズ)です。◉やり方1,親指の付け根と内くるぶし同士をつけて、足の裏を大きく広げるようにして立つ2,膝を正面に向け会陰や下腹にやや力を込める(バンダ)3,おへその位置をやや上に引き上げるイメージでみぞおちまでは力を入れて骨盤を立てる4,骨盤から背骨を積み上げるように背を伸ばす5,肩や腰の力は軽く抜く6,呼吸を深め目を閉じても良い◉効果・身体の軸の安定・インナーマッスルの強化・精神の安定・脳の休息・集中力アップ外から見たらただ立っているだけですが、真っ直ぐ立つことはとても難しいことなのです。インナーマッスルがないかったり、心がぶれているとすぐにぐらつきます。目を閉じると視界からの情報がなくなりさらにぐらつきます。足の裏のどこに体重が乗っているのか、骨盤や背骨の位置や頭の重さを感じて真っ直ぐに保とうとしてみます。集中してただ立っているだけで呼吸が巡り頭がスッキリしてリラックス感が感じられます。悩んだり心が落ち着いていないと気づいたら是非やってみましょう。自宅deヨガでは以下のレッスンを担当しています。◉凝り浮腫み解消ヨガ木曜日18:00〜18:30◉自律神経を整えるヨガ金曜日18:00〜18:30お会いできる日を楽しみにしています。

で体の軸を真っ直ぐに保ちます。
②左足の甲を右足鼠蹊部に乗せて安定させる。
③左手を右腰に回したら左足親指を掴む。
④右手を高く挙げて前屈する。
※逆も同じようにする。

ポイント
・②の鼠蹊部まで足が上がらない方、安定しない方はもう少し下に足を添えても良いです。
・身体を倒すとき下腹を引き込み下腹に踵を埋め込むようにする
・③親指が掴めなくても良いです。腰に手を回して胸を開くようにする。
・頭が下がったら軸足でしっかり床を踏み、お尻は高く上半身は力を抜き頭はぶら下げる。

効果
お尻・太腿裏・膝裏のストレッチ
内臓の動きを整える
女性器官の不調改善
リラックスする

難易度高めのポーズです。
筋力も柔軟性、バランス感覚が必要になります。
無理をしないで地道に行いましょう。



自宅deヨガでは以下のレッスンを担当しています。
◉凝り浮腫み解消ヨガ
木曜日18:00〜18:30
◉自律神経を整えるヨガ
金曜日18:00〜18:30

お会いできる日を楽しみにしています。