自宅deヨガMAGAZINEオンラインヨガマガジン

  1. ほぐしで骨盤前傾、猫背、巻肩、ストレートネックを改善 自宅deヨガインストラクターHARUKA

健康2020.09.13

ほぐしで骨盤前傾、猫背、巻肩、ストレートネックを改善 自宅deヨガインストラクターHARUKA

こんにちは。

HARUKAです。

先月のブログでお話させていただいた体幹について、その続きのお話をさせていただきます。

体幹を意識しても、長年使っている体の癖で気付いたら体幹が抜けている、、、なんてことが私はよくあります

爪先重心、骨盤前傾、猫背、巻肩、ストレートネック

これを一つ一つ意識しながら調整して姿勢を整えていきます。

が!!!!!

凝り固まっている筋肉たちはなかなかしぶとく、すぐに元のよろしくない姿勢に戻してくれるのです!

そのために有効になるのが、やはりほぐすことです。

今日は骨盤前傾を引き起こす原因筋である、

『腸腰筋』

をほぐしていきたいと思います。

まずはテニスボールなどのボールを片側のパンツラインの2~3cm上のくぼみにあててうつ伏せになります。

反対の足は膝を90度くらいに曲げて体側に。

自重をボールの上にかけていきます。

じわじわ~っと乗っていってみてください。

呼吸は止めないように❕

最初は痛い方も多いと思うので、痛気持ちいいところを加減してあげてくださいね!

もう少しいけそぅだなと思う肩は、そこからパンの生地を伸ばすようなイメージで最初にボールを置いた辺りから四方八方に筋肉を広げていくように動いてみてください。

反対側も行ってみたあと、立ってもらうと自然と尾骨が床の方に向きやすくなっていることが実感できると思います。

私は先日お友達からいただいたボールを使い出しましたが、テニスボールより効き目を感じています