自宅deヨガMAGAZINEオンラインヨガマガジン

  1. 糖質制限ダイエットPart1 自宅deヨガ 自律神経を整えるヨガ インストラクターYURI

健康2019.04.19

糖質制限ダイエットPart1 自宅deヨガ 自律神経を整えるヨガ インストラクターYURI

カラダの気になるライン

ヨガ講師 YURIです。
そろそろ薄着になってきて体のラインが気になる季節ですね。
ヨガでダイエットをしようと思っている方も多いのではないかな。

私はパーソナルトレーナーやフードコーディネーター、食生活アドバイザー、ダイエットコーチとしても活動していますが、間違ったダイエットをしている方が多いので糖質制限ダイエットについて解説します。

糖質制限ダイエットはやり方を間違えると健康に支障が出たり、成果が出ないこともあるので、今回はそもそも何なのか、仕組みをお伝えします。

糖質制限とは?

●糖質制限ダイエットとは?
糖質は大切な栄養素ですが、取りすぎることで糖尿病や肥満など成人病の原因になります。元々、成人病患者のための食事法です。

やり方は、私たちの主な栄養源のタンパク質・脂質・糖質のバランスを変えることです。
糖質を減らし、タンパク質を増やします。
(※減らすのであって0にはしません。)

●糖質を減らすことで起こる体の変化
身体に糖類を蓄えようとすると、グリコーゲンという多糖類に3〜4倍の水分が必要です。
蓄える糖類が減れば水分が必要なくなります。
身体から水分がなくなることで体重は減ります。
しかしながら、ダイエットで本当に減らしたい脂肪は減りません。

体重が減る≠痩せる

もし体脂肪が減ったとしたら糖質だけではなく、摂取カロリー自体が減っていると思われます。

次回は糖質制限ダイエットの正しい行い方を解説します。

自宅deヨガではYURI先生は
以下のレッスンを担当しています。
◉自律神経を整えるヨガ
月曜日20:00〜20:30
金曜日18:00〜18:30

お会いできる日を楽しみにしています。

自宅deヨガ staff

糖質制限ダイエットPart2へはこちらから

糖質制限ダイエット Part2 自宅deヨガインストラクター YURI

健康

糖質制限ダイエット Part2 自宅deヨガインストラクター YURI

糖質制限の正しい知識自宅deヨガ講師 YURIです。前回、糖質制限ダイエットについてどういうものなのか・仕組みについて解説しました。今回は正しい行い方を解説します。●まずは余分に食べている糖質を制限いきなりお米やパンなど炭水化物を制限せず、3食の食事以外の糖質から制限してみよう。その次は、それに加え食事の主食を抜くのではなく減らしてタンパク質を増やしてみる。●長期間やらない緩く続けるのであれば、まず2週間を目安にして効果を検証してみよう。長くても1ヶ月。あまり長く続けると逆に痩せ辛くなったり、低血糖や頭が働かなくなることに繋がります。●体を動かす目的はダイエットなので体を動かすことは必要です。無理がない程度に筋トレと有酸素運動を行います。ヨガでは筋トレをアレンジした内容は筋トレ、流れで動くフローヨガは有酸素運動の部類になります。あくまでもこのダイエットが必要な方は軽肥満以上の体脂肪がある方や、糖質を摂りすぎて成人病の恐れがある方が一時的に行うことです。脂肪が減ることにはつながらず、体内の水抜きの効果があるので痩せたと勘違いしないようにしましょう。低血糖でフリフラしたり頭痛、便秘、吐き気など水分不足による不調が感じられたらすぐに中止しましょう。自宅deヨガでは以下のレッスンを担当しています。◉自律神経を整えるヨガ月曜日20:00〜20:30(4月まで)金曜日18:00〜18:30※5月から木曜日19:30〜20:00お会いできる日を楽しみにしています。自宅deヨガstaff