自宅deヨガMAGAZINEオンラインヨガマガジン

  1. 【ベジタリアンやビーガンは体に悪いのか?】

健康2019.06.21

【ベジタリアンやビーガンは体に悪いのか?】

【ベジタリアンやビーガンは体に悪いのか?】

健康や動物愛護の為にベジタリアンやビーガンになる方が多くいらっしゃいます。
しかしそれは本当に健康なのでしょうか?

ずばり栄養バランスに気をつけた食事を心掛けましょう!

ビーガンやベジタリアンとして簡単な栄養学の知識さえあれば、栄養不足のリスクを限りなくゼロに近づけることができ、以前よりも健康に生活することが可能です。
一般的な雑食の食生活において、お肉やお魚などの動物性の食材からの摂取が多く、菜食をすることで不足しがちな栄養素の例の一つとしてまずタンパク質が挙げられます。タンパク質は、私たちの筋肉や肌、髪の毛や爪、さらには内臓までもを構成する原料となっていて、私たちの身体に欠かすことのできない栄養素です。
このタンパク質は豆類やナッツ類、ビーガン用プロテインで補うように心掛けます。

きちんと栄養バランスに気をつけて自分に合った食事をし、運動など食事以外の面でも健康を心がければ、自分にも周りにも優しい生活ができるでしょう。
一方で、栄養を考えず「とりあえず肉は食べない」といったやり方をしたり、体に合わないのに続けたりすると、逆に体調が悪くなることもありえます。
しっかりとメリット、デメリットを考慮した上でビーガンやベジタリアン生活を送っていただくことを推奨致します!

ヨガを生活に取り入れよう!いつでもどこでもヨガ!
自宅deヨガ